キャッシング 金利
妊活,プレママ,妊娠準備,妊娠しやすい体

不妊治療 人工受精

不妊治療 人工受精

人工受精とは、精液(精子)を生殖器(子宮)に直接注入して妊娠を実現させる事を目的とした生殖医療技術です。
運動量の多い元気な精子だけを選別し、子宮内へ注入する方法が普及しており、人工授精によって妊娠した子供を試験管ベビーと呼ぶ場合があります。(体外受精に相当する行為を試験管内受精などと呼ぶ)
精子を子宮内に注入するタイミングに合わせて排卵誘発剤が併用されるケースもあります。
人工授精をした際に、精液内の精子以外の物質が原因による腹痛や発熱を起こすような副作用が現れる事があります。これは一過性の副作用のようで、特に妊娠には問題は無いとされています。

排卵誘発剤の投与をあわせて行う場合のリスクとしては、多胎の増加があげられるでしょう。

精子の提供者について・・・
■配偶者間人工授精(AIH:Artificial Insemination of Husband)
■非配偶者間人工授精(AID:Artificial Insemination of Donor)
とに区別されます。

■□■不妊を克服して妊娠したいカップルを応援中■□■ベビ待ちカップルの応援サイト【ベビスタ】 不妊,不妊の原因,不妊治療,不妊検査,妊娠,ベビ待ち,妊娠検査
タグ:子宮 生殖器 精液 精子 不妊 人工受精 不妊治療 双子 多胎 排卵誘発剤 試験管ベビー 体外受精 妊娠 試験管内受精 生殖医療技術 副作用 三つ子 男性不妊 インポテンツ インポ ED 受精卵取違い
posted by 不妊を克服 at 11:51 | Comment(0) | 不妊の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。