キャッシング 金利
妊活,プレママ,妊娠準備,妊娠しやすい体

不妊治療 排卵誘発剤

排卵誘発剤とは?

不妊治療において、よく使用されるのが排卵誘発剤です。

排卵誘発剤とは、卵巣を刺激して排卵を起こさせる薬で、
経口薬と注射薬とがあり、経口の(飲み)薬で効果が無い場合に、
注射薬に移行するパターンが多いようです。


【排卵誘発剤の種類】
「クロミフェン」
卵胞を成熟させるホルモンの分泌を促す飲み薬。
(無月経の治療にも利用)
「ブロモクリプチン」
不妊の原因である「高プロラクチン血症」を改善する為の、
プロラクチンの分泌を抑える働きがある飲み薬。
「黄体ホルモン」(デュファストンなど)
女性ホルモンの「黄体ホルモン」を補う飲み薬。

「HMG」(ヒト閉経ゴナドトロピン)
HMG注射は、排卵誘発剤の注射のこと。
かなり強力な卵巣刺激作用があるため、卵巣の腫れや
人によってはむくみ、吐き気、だるさなどの副作用もあります。
「HCG」
排卵を誘発する黄体形成ホルモンの代わりに補助受胎(不妊治療)
に利用される。
※「HMG」と「HCG」の組み合わせて使う治療法を
「HMG-HCG療法」(ゴナドトロピン療法)と言い、
重度(クロミフェン無効例)な排卵障害に有効として利用。

遺伝子組み換え型のFSH
遺伝子組み換え技術により合成された組み替え型の新しい注射剤。
従来の製剤は尿由来のもの。ロットにより製剤の質にばらつきが
あったが、組み換え型の製剤は成分が統一されるため効果が均一。


※排卵誘発剤の副作用として、卵巣から排卵を促す作用がある為、
 多数の卵子が放出され多胎妊娠になる可能性があります。
 また、卵巣過剰刺激症候群になる可能性もあります。

■□■不妊を克服して妊娠したいカップルを応援中■□■ベビ待ちカップルの応援サイト【ベビスタ】 不妊,不妊の原因,不妊治療,不妊検査,妊娠,ベビ待ち,妊娠検査
タグ:黄体ホルモン プロモクリプチン HCG 卵巣 ホルモン クロミフェン hMG 不妊症 不妊治療 不妊 排卵 誘発剤 排卵誘発 排卵誘発剤 製剤 FSH
posted by 不妊を克服 at 15:50 | Comment(0) | 不妊の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。